19日に新潟県内で初めて開通する予定のラウンドアバウト=田上町田上

19日に新潟県内で初めて開通する予定のラウンドアバウト=田上町田上

新潟県 燕・三条・弥彦 その他

あじさい交差点 観光の新資源に 19日に開通 新潟県内初のラウンドアバウト

新潟日報(2016年2月17日)

 田上町田上の町道で19日、新潟県内初となる信号機がない環状交差点「ラウンドアバウト」が開通する。田上町は町の花アジサイにちなんで「田上あじさい交差点」と名付け、新たな観光資源として活用する取り組みを計画している。

 ラウンドアバウトは、ドーナツ型の道路を時計回りに通行し、進みたい方向へ左折で抜け出る。交差点に進入する際に徐行するため、重大事故を抑制する効果があるという。警察庁によると、2015年11月現在で15都府県49カ所に設置され、最も多い宮城県には19カ所ある。県内では3月31日に、新潟市西蒲区角田浜で2カ所目のラウンドアバウトが開通する。

 田上町のラウンドアバウトは、県が約1億2千万円かけて建設した。交差点に進入する際は環状道路を通行している車が優先されるため、路面には「ゆずれ」の表示。「田上町役場」「湯田上温泉」「新潟市秋葉区」「新潟市南区」と方向を示した看板も立てられた。

 建設後、交差点は県から田上町に引き渡され、町が管理する。町は珍しい交差点を観光に生かしたい考え。町地域整備課は開通に合わせ、通行方法や観光を紹介したパンフレットを1万部発行し、町内の公民館のほか、新潟市西区の新潟ふるさと村などに置いた。道路の内側にある中央島には、春になったらアジサイなどを植樹しPRする予定だ。

 田上町観光協会では、交差点の通行証明書を発行し、湯田上温泉の割引券として使える企画などを計画している。町の担当者は「すぐ近くの国道403号バイパス脇には道の駅の整備も計画されている。ラウンドアバウトと合わせて人を呼び込み、町の活性化につなげたい」としている。

 19日は午後2時から開通式が行われ、午後4時に開通する。

燕・三条・弥彦 ニュース

燕・三条・弥彦
イベント

燕・三条・弥彦
スポット