150体を超えるひな人形が飾り付けられた大広間=福井県越前町の県陶芸館茶苑

150体を超えるひな人形が飾り付けられた大広間=福井県越前町の県陶芸館茶苑

福井県 鯖江・武生・越前海岸 祭り・催し

ひな人形150体眺め一服を 福井県陶芸館茶苑

福井新聞(2016年2月23日)

 桃の節句にちなみ福井県越前町の県陶芸館茶苑で、150体を超えるひな人形が飾られている。季節の趣を感じながら、越前焼の器で抹茶が楽しめる。3月6日まで。

 越前焼や茶苑をPRしようと2010年から行っている。町民からの寄贈、貸与を受けたものや職員が持ち寄った7段飾りなど10セットを、48畳の大広間に飾り付けた。

 また、同館陶芸教室で講師を務めるスタッフ7人が制作した越前焼のひな飾りも約60点展示。同館と交流のある愛媛県の砥部(とべ)焼の磁器や越前竹人形、福井市の越前和紙人形作家、高橋輝代さんのひな飾りも並び、大広間を華やかに彩っている。

 展示期間中は抹茶に加え、ひな人形にちなんだ生菓子が付く。1人500円。

鯖江・武生・越前海岸 ニュース

鯖江・武生・越前海岸
イベント

鯖江・武生・越前海岸
スポット