杉林で白く、かれんに咲くオウレンの花=11日、福井県越前町織田の劔神社

杉林で白く、かれんに咲くオウレンの花=11日、福井県越前町織田の劔神社

福井県 鯖江・武生・越前海岸 花・紅葉

オウレンの白い花が見ごろ 越前町・劔神社で春告げる

福井新聞(2016年3月13日)

  春の到来を告げるオウレンの花が、越前町織田の劔神社で見ごろを迎えている。境内の杉林を白い、かれんな姿で彩っている。

 オウレンは北海道、本州、四国の山地の木陰に自生しており、針葉樹林に多く見られる。

 高さは5~10センチほどで、花は約1センチと小ぶり。漢方薬に使われる黄色い根が、節状に連なっていることから「黄連(おうれん)」と名付けられた。
 花は境内の猿田彦神社横の杉林で、3月上旬から咲き始めた。同じくカタクリも芽吹いており、上坂省一宮司は「運が良ければ、紫色のカタクリの花と合わせて見られるかも」と話していた。

鯖江・武生・越前海岸 ニュース

鯖江・武生・越前海岸
イベント

鯖江・武生・越前海岸
スポット