展示した「上田合戦絵図」を見る梅本さん

展示した「上田合戦絵図」を見る梅本さん

長野県 上田・小諸 その他

第1次上田合戦、墨絵に 上田駅前に展示

信濃毎日新聞(2016年5月31日)

 上田市の松尾町商店街振興組合は、地元ゆかりの真田家が上田城を攻めた徳川の大軍を撃退した第1次上田合戦(1585年)の様子を墨絵にした「上田合戦絵図」を完成させた。真田家とその土地に住む民が命懸けで徳川勢と戦った様子を表現。同市天神の上田駅前ビル・パレオの壁面に展示している。

 墨絵は縦約1メートル、横約2メートル。絵の横には、上田合戦で真田家が徳川勢を返り討ちにする過程が分かる解説も付けた。絵を描いた墨絵作家の月与志(つよし)(本名・武知剛)さん(45)=奈良県=は「観光客が合戦のイメージを膨らませて楽しめる絵を目指した。故郷を必死で守った人々がどのような気持ちで戦に臨んだのか、さまざまな表情に込めた」と話す。

 同商店街には、真田氏が上田城を築城してから去るまでの物語をまとめた「講談・上田城物語」のパネル12枚も店頭に並ぶ。松尾町商店街振興組合真田丸部会長の梅本実紀子さん(60)は「上田は真田家の存亡を懸けた戦いの現場だったという歴史を知ってほしい」と話している。

上田・小諸 ニュース

上田・小諸
イベント

上田・小諸
スポット