長野県 松本・上高地・美ヶ原 その他

外国人宿泊者14万人 16年の松本市、過去最多

信濃毎日新聞(2017年3月23日)

 松本市は21日、2016年に市内を訪れた外国人宿泊者は延べ14万755人で、比較可能なデータがある01年以降で最多だったと発表した。市観光温泉課は「日本を訪れる外国人観光客が増える中、市内の宿泊施設がWi―Fi(ワイファイ)整備などの受け入れ体制を強化していることや、市が海外にPR活動を展開した結果」と分析している。

 市内の宿泊施設の協力を得て151施設から調査票を回収し、集計した。東日本大震災が発生した11年は1万7274人に落ち込んだが、その後は順調に回復し、毎年前年を上回るペースで伸びている=グラフ。

 16年の国・地域別の宿泊者数で最多だったのは台湾で、前年比60・4%増の2万3003人。続いて中国の1万4896人、タイの1万2183人、香港の9095人、インドネシアの8409人となり、アジアからの観光客が目立っている。

 市は台湾の旅行博への出展を続けているほか、松本城や北アルプス上高地などを取り上げた番組を制作して香港やタイなどでPRしており、効果が出ているとみている。今後も松本空港を活用した外国人観光客の呼び込みなどを強化していくという。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット