4月29日から販売の福井県勝山市内バスフリー乗車券「ダイナパス」

4月29日から販売の福井県勝山市内バスフリー乗車券「ダイナパス」

福井県 勝山・大野 アウトドア・レジャー その他

恐竜博物館―平泉寺ルート新設 バスで勝山市巡りやくす

福井新聞(2017年4月28日)

 福井県勝山市はバスを利用した観光地巡りをより楽しんでもらおうと、市が運行するバスで平泉寺白山神社と福井県立恐竜博物館を結ぶルートを4に新設。29日からは民間路線も対象にした1日フリー乗車券の販売を始める。多くの観光客が見込める白山開山1300年を迎え、市全体の周遊性を高めたい考え。

 土日祝日、春・夏休みに運行する市内観光バスダイナゴンの路線を4月1日から見直した。

 ダイナゴンはこれまでえちぜん鉄道勝山駅から平泉寺、越前大仏などを結ぶ1路線だけで、勝山駅から市北部の県立恐竜博物館方面へは民間の直通便と、コミュニティーバスが運行されていた。

 市は平泉寺―恐竜博物館の路線開設とともに、既存ルートでは利用者が多い勝山ニューホテル、まちなかに28日オープンする食と文化の拠点「旬菜食祭 花月楼」の2カ所に停留所を設置。これにより、まちなかを含めた主要観光地のバス移動が格段にしやすくなった。

 ダイナゴンの利用は中学生以上が1回300円、小学生200円。

 また、観光客向けフリー乗車券としては初となる「ダイナパス」を、今夏イベントが集中する平泉寺への誘客を狙い、平泉寺行きのダイナゴン車内でのみ販売する。

 料金は中学生以上の大人600円、小学生は400円。ダイナゴンのほか、恐竜博物館直通便、市コミュニティーバス全線が乗り放題となる。京福バス勝山大野線は対象外。

 市では勝山駅から恐竜博物館、ゆめおーれ勝山、平泉寺、花月楼を巡る周遊モデルプランを市ホームページで提案している。将来的にはえちぜん鉄道と連携し、鉄道と市内全バス路線を結ぶ乗車券も検討したいとしている。

勝山・大野 ニュース

勝山・大野
イベント

勝山・大野
スポット