3台が勢ぞろいしたでか山=七尾市の大地主神社

3台が勢ぞろいしたでか山=七尾市の大地主神社

石川県 和倉・七尾・羽咋・かほく 祭り・催し

でか山そろい踏み 七尾・青柏祭

北國新聞(2017年5月5日)

 七尾市の青柏祭(せいはくさい)は2日目の4日、日本一の大きさを誇る3台のでか山が同市山王町の大地主(おおとこぬし)神社に集結した。市民や観光客は家屋の屋根より高い舞台を見上げ、そろい踏みの迫力に息をのんだ。
 でか山を曳く「青柏祭の曳山行事」は1983(昭和58)年に国重要無形民俗文化財となり、昨年12月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された。晴天に恵まれたこともあって神社境内には観光客が詰め掛け、でか山関係者は「ユネスコ登録で関心が高まり、例年より大勢の人出だ」と喜んだ。

和倉・七尾・羽咋・かほく ニュース

和倉・七尾・羽咋・かほく
イベント

和倉・七尾・羽咋・かほく
スポット