長野県 伊那路 祭り・催し 鉄道

名古屋発の臨時快速運行 中央西線・中央東線経由で飯田線へ

信濃毎日新聞(2017年9月21日)

 JR東海は10月22日、飯田線全通80周年を記念して開く「さわやかウォーキング」に合わせ、同線木ノ下駅(上伊那郡箕輪町)行きの名古屋発の直通列車「臨時快速さわやかウォーキング号」を運行する。中央東線塩尻―辰野間はJR東日本の管轄で、JR東海によると、国鉄民営化後、中央西線経由で飯田線に直接乗り入れるのは初めてという。3両編成で全車指定。指定席券は9月22日午前10時に発売する。

 名古屋駅を午前6時10分に出発。愛知、岐阜両県の主要駅を経て、長野県内では木曽福島、塩尻、辰野、伊那松島の各駅に停車し、木ノ下駅には同9時47分に到着する。

 駅を拠点に各地の名所旧跡を巡る「ウォーキング」に、より多くの人に足を運んでもらおうと企画。80周年記念として木ノ下駅発を含めて11月下旬までに計7回ある。

 木ノ下駅発のコースは全長9キロ余で、県史跡の福与城跡や電気機関車「ED19」を屋外展示する町郷土博物館などを訪れる。同社は当日、伊那松島運輸区(箕輪町)で祭りを開き、この会場がゴール。復路の列車は近くの伊那松島駅を午後2時3分に出発し、名古屋駅には同6時29分に到着予定。

伊那路 ニュース