おいしそうにカニを食べる児童=経田小学校

おいしそうにカニを食べる児童=経田小学校

富山県 黒部・宇奈月・新川 祭り・催し グルメ 特産

給食にベニズワイガニ登場 魚津

北日本新聞(2017年11月10日)

  魚津港で水揚げされたベニズワイガニが丸ごと振る舞われる「カニ給食」が9日、魚津市経田小学校などで始まり、児童は大きなカニを笑顔で味わっていた。

 市内のカニ問屋でつくる魚津ベニズワイガニ普及推進協議会とカニ漁業者が、地元の特産品を味わってもらおうと、市内の全6年生に用意しており、ことしで5回目。

 経田小では、協議会の美谷隆一事務局長が訪れ「魚津のおいしいカニを味わってください」とあいさつし、魚津発祥のカニ籠漁について説明した。

 児童31人はカニを見ると、うれしそうな表情に。夢中で足の殻をむいたり甲羅を外したりして身やみそを頬張った。石崎建君は「自分でむいて身を食べられて楽しかった。魚津でカニが取れることが分かった」と話した。

 この日は大町、村木、道下小も「カニ給食」があり、16日まで10校計370人に提供される。

黒部・宇奈月・新川 ニュース

黒部・宇奈月・新川
イベント

黒部・宇奈月・新川
スポット