県内18カ所の棚田も掲載した「全国棚田ガイド」を紹介する棚田ネットワーク代表の中島さん

県内18カ所の棚田も掲載した「全国棚田ガイド」を紹介する棚田ネットワーク代表の中島さん

長野県 アウトドア・レジャー

全国の棚田を写真で紹介 長野県内は18カ所

信濃毎日新聞(2017年11月29日)

 全国の棚田の保全に取り組むNPO法人棚田ネットワーク(東京)が、県内18カ所を含む212カ所の棚田を紹介した「全国棚田ガイド TANADAS」(家の光協会刊)を出版した。写真をふんだんに使って最新情報を掲載しており、「見るだけでも楽しめる。各地の棚田を訪れたりする際に活用してほしい」(事務局)としている。

 A5判フルカラー、320ページ。農水省の「日本の棚田百選」に選ばれている134カ所を中心に、景観に優れ、保全活動が盛んな棚田を厳選した。棚田の概況や保全活動の内容を写真とともに掲載。観光にも役立つよう、特産品などの情報も載せた。

 都道府県別の掲載数では、長野は新潟に次いで2番目に多い。稲倉(上田市)、姫子沢(東御市)、よこね田んぼ(飯田市)、姨捨(千曲市)、慶師沖(長野市大岡)、栃倉(同)、福島新田(飯山市)、青鬼(白馬村)などがある。

 ガイドの出版は、同法人が前身の棚田支援市民ネットワークの発足(1995年)から20年たつのを記念。市町村などから最新の情報を得た上で中心メンバーが執筆、編集した。監修した同法人代表で早稲田大名誉教授の中島峰広さん(83)=東京=は「法人の活動だけでなく、それぞれの棚田で行われてきた保全活動の総決算になった」と話している。

 税込み2700円。同法人のホームページから購入できる。問い合わせは事務局(電話03・5386・4001)へ。

長野県 ニュース