新潟県 長岡・寺泊・柏崎 花・紅葉

長岡市山古志「薬師の陵」 シバザクラなど見頃

新潟日報(2018年5月14日)

 長岡市山古志地域の金倉山中腹にある景勝地(通称薬師の陵(おか))で、シバザクラや菜の花などが見頃を迎えている。好天に恵まれた11日は、越後三山と棚田、養鯉池を背景にピンクや白、紫の花が足元を彩った。

 2004年の中越地震に襲われ、荒れ果てたふるさとをそのままにしておけないと、山古志虫亀に住む元山古志村長の酒井省吾さん(90)と、長女の礼子さん(68)が11年前から少しずつ整備してきた。市内外から写真を撮りに来る人も多い。

 省吾さんは「棚田や養鯉池、集落などが一望でき、山古志の生活感を味わえる」と誇らしげだ。礼子さんは「きれいだね、と言われるとうれしい。花が咲くのは励みになる」と話す。

 シバザクラの見頃は20日ごろまで。夏はユリ、秋はコスモス、ダリアなどが花を咲かせる。

長岡・寺泊・柏崎 ニュース