祭りムードを盛り上げるシンボルタワー=金沢市役所庁舎前広場

祭りムードを盛り上げるシンボルタワー=金沢市役所庁舎前広場

石川県 金沢市周辺 祭り・催し

シンボルタワーでムード盛り上げ 6月1~3日の金沢百万石まつり

北國新聞(2018年5月15日)

 6月1~3日開催の第67回金沢百万石まつりを前に、金沢市役所庁舎前広場に14日、高さ約8メートルのシンボルタワーが設置され、提(ちょう)灯(ちん)のやわらかな明かりが祭りムードを高めた。
 タワー前で点灯式が行われた。ピラミッド形のタワーには提灯151個が取り付けられ、6月3日までの午後7~10時に点灯される。
 金沢商工会議所会館前には長さ140センチ、直径60センチの大提灯2個が設けられたほか、金沢市役所や市内の商店街、公民館など約130カ所では順次、約4160個の提灯が飾られる。まつり実行委員会は今年、市全体で百万石まつりの雰囲気を感じてもらうため、市内全域の公民館に提灯の設置を新たに依頼し、昨年から約60カ所増やした。
 商工会議所会館内や金沢駅構内の観光案内所には2日の百万石行列で使われる甲冑(かっちゅう)などが飾られた。金沢駅東広場の湧水池には、加賀藩祖前田利家の陣中をテーマにしたパネルやのぼりが設けられた。

金沢市周辺 ニュース