勢いよくスタートするハーフマラソンの部の出場者=魚津市のありそドーム前

勢いよくスタートするハーフマラソンの部の出場者=魚津市のありそドーム前

富山県 黒部・宇奈月・新川 アウトドア・レジャー

潮風受け健脚競う 魚津しんきろうマラソン

北日本新聞(2015年4月27日)

 第35回魚津しんきろうマラソンは26日、魚津市のありそドーム前を発着点に行われ、全国から集まった5600人が、昨年「世界で最も美しい湾クラブ」に加盟した富山湾の海岸沿いなどを走った。

 ハーフマラソンや2キロジョギングなど6部門で競った。ゲストランナーとして2004年アテネ五輪女子マラソン金メダルの野口みずき選手(シスメックス)、昨年8月の北海道マラソンで優勝した野尻あずさ選手(ヒラツカ・リース、雄山高出)、08年世界ハーフマラソン日本代表の西村哲生選手(YKK)が出場し、大会を盛り上げた。海岸では春型蜃気楼(しんきろう)が現れ、ランナーや応援に訪れた人たちの目を楽しませた。

 魚津市と市体育協会、富山陸上競技協会主催、市教育委員会、北日本新聞社共催、同マラソン実行委員会、市陸上競技協会主管。

黒部・宇奈月・新川 ニュース

黒部・宇奈月・新川
イベント

黒部・宇奈月・新川
スポット