越前市のシンボルを取り入れたイルミネーションと、デザインした武生三中美術部員=20日夕、同市村国1丁目

越前市のシンボルを取り入れたイルミネーションと、デザインした武生三中美術部員=20日夕、同市村国1丁目

福井県 鯖江・武生・越前海岸

万代橋に紫式部輝く イルミオブジェ制作

福井新聞(2015年12月21日)

 越前市の日野川にかかる万代橋に20日夕、近くの武生三中の生徒がデザインしたイルミネーションオブジェが設置された。紫式部やコウノトリなど地元要素をふんだんに取り入れており、来年3月まで毎日点灯する。

 同校の美術部員24人が11月上旬から、デザインや制作を進めてきた。橋の耐震補強工事を行っている建設業の高野組(同市)が資材の提供や設置などで協力した。

 イルミネーションは橋の側面にあるつり足場の2カ所に取り付けた。いずれも縦約2メートル、横約10メートル。紫式部の長い髪が川となり、上空をコウノトリが飛んでいる絵柄と、菊の周囲をアユが元気よく泳ぐ絵柄の2種類で、青や赤、黄色などに光る電飾を使った。

 午後4時半すぎ、生徒や同社員らによるカウントダウンで点灯した。薄暗くなった屋外にカラフルなイルミネーションが姿を現すと、歓声と拍手が起こった。

 美術部長の服部瑞姫さん(2年)は「とってもカラフルなイルミネーションになった。見た人に越前市っていいところだなあって思ってもらいたい」と完成に感慨深げだった。

鯖江・武生・越前海岸 ニュース

鯖江・武生・越前海岸
イベント

鯖江・武生・越前海岸
スポット