「日本百名月」の鑑賞地に認定された「宇奈月の月」など14カ所の関係者。手前左から2人目が石田宇奈月温泉旅館協同組合副理事長

「日本百名月」の鑑賞地に認定された「宇奈月の月」など14カ所の関係者。手前左から2人目が石田宇奈月温泉旅館協同組合副理事長

富山県 黒部・宇奈月・新川 祭り・催し 温泉

「日本百名月」に宇奈月の月 宇奈月温泉でサミット

北日本新聞(2016年3月24日)

 月の観光資源化を目指す第1回「全国名月サミット」が23日、黒部市宇奈月温泉の宇奈月国際会館セレネで開かれた。後世に残したい「日本百名月」の鑑賞地に初めて認定された12道府県14カ所が発表され、県内からは「宇奈月の月」が選ばれた。

 サミットは夜景情報を発信する「夜景観光コンベンション・ビューロー」(東京)が開催。「名月」を観光に生かそうとする全国の観光協会の関係者ら約80人が参加した。

 日本百名月は同ビューローが発案し、約4700人の「夜景鑑定士」の推薦などを基に選定。宇奈月のほか、神奈川県の「江ノ島から望む月」や、新潟県の「妙高山にのぼる月」なども選ばれた。同ビューローは今後数年間で100カ所まで増やす。

 サミットでは堀内康男黒部市長と、同ビューローの丸々もとお代表理事らがあいさつ。イベント「宇奈月温泉百名月物語」実行委員長の石田唯一宇奈月温泉旅館協同組合副理事長と中島勝喜副実行委員長が、冬の温泉街のにぎわい創出を目指して3月末まで開催中の同イベントを説明した。百名月に認定された栃木県日光市の月あかり花回廊実行委員会と、群馬県みなかみ町の月見の会「指月会」の関係者が先進事例を紹介した。

 

黒部・宇奈月・新川 ニュース

黒部・宇奈月・新川
イベント

黒部・宇奈月・新川
スポット