一般公開された六角凧の白凧作り=9日、見附市今町1

一般公開された六角凧の白凧作り=9日、見附市今町1

新潟県 長岡・寺泊・柏崎 祭り・催し

職人の技息ピタリ 六角凧紙貼り作業公開 見附

新潟日報(2016年4月11日)

 見附市今町と長岡市中之島の両地域で6月に行われる大凧合戦に向けた六角凧作りの一般公開が9日、見附市今町1の大凧伝承館で始まった。訪れた人たちは、一枚一枚組み立てるベテラン職人の技に見入っていた。

 大凧合戦協会製作部のメンバー7人は、骨組みに無地の紙を貼り付ける「白凧」作りを3月末から行っている。ことしは和紙が値上がりしたため、軽くて丈夫な洋紙を使用。4月下旬までに約150枚を製作する予定だ。

 この日、メンバーは竹を麻ひもで縛って骨組みを製作。縦4・3メートル、横3・3メートルの骨組みを六角形の紙の上に置き、息の合った動きで手際良くのり付けした。

 家族4人で見学していた市内の会社員、男性は「職人さんの鮮やかな手つきがすごい」と感心。白凧リーダーの志田和雄さん(76)は「大凧の伝統を、メンバー一丸となって守っている姿を見てほしい」と話した。

 一般公開は24日までの水・土・日曜、午前9時~午後3時。土日は午前10時半から解説がある。ゴールデンウイーク前後から絵付けが始まる。

長岡・寺泊・柏崎 ニュース

長岡・寺泊・柏崎
イベント

長岡・寺泊・柏崎
スポット