富居さん(左)と松田専務が協力して作ったリンゴゼリー

富居さん(左)と松田専務が協力して作ったリンゴゼリー

富山県 黒部・宇奈月・新川 スイーツ

加積産リンゴゼリー登場 農家と菓子店が協力

北日本新聞(2017年7月20日)

 魚津市のリンゴ農家・富居芳弘さんと同市の菓子製造販売店昌栄堂は、地元の特産「加積リンゴ」を多くの人に知ってもらおうと、加積リンゴを材料に使ったゼリーを作り、同店で販売している。富居さんは「ただ知名度を上げるだけでなく、農家にとっても加工品にすることで販路を拡大するチャンスになる」と話す。 (新川支社編集部・青山晃太朗)

 魚津市加積地区では、加積リンゴと銘打ち、主力品種のふじを中心に作る。生産者の多くは園での販売を中心にしており、市場にはあまり出回らない。加工品はジャムやジュースがほとんどで「魚津のリンゴはおいしいのに知らない人が多い」という声が聞かれることもあるという。

 加工品を売ることで供給量を増やすとともに、生産者の意欲の向上にもつながる。富居さんによると、安定した販路を確立することで、若い担い手の確保にも結び付ける狙いもあるという。

 昨年の秋ごろから富居さんと昌栄堂の松田賢悟専務が加積リンゴを使ったお菓子を作ろうと動き出した。包装は同市のデザイナー・阿部ともみさんが考案し、目を引くデザインとなった。3人が協力し、味を最大限に生かした商品は、5月に完成した。

 松田専務は「加積リンゴの魅力を伝えたいと思って作った。多くの人に食べてほしい」と話している。

黒部・宇奈月・新川 ニュース

黒部・宇奈月・新川
イベント

黒部・宇奈月・新川
スポット