福井県 鯖江・武生・越前海岸 祭り・催し

OSK華やかショーはまって たけふ菊人形10月5日開幕

福井新聞(2017年10月3日)

 5日に開幕する「2017たけふ菊人形」(まつり実行委員会主催、福井県越前市、武生商工会議所、福井新聞社共催)を前に、会場で公演するOSK日本歌劇団男役の楊琳(やんりん)さんと娘役の舞美(まいみ)りらさんが2日、福井新聞社を訪れた。「多彩な楽曲に合わせ歌とダンスが楽しめる内容。迫力あるステージを全身で楽しんで」と来場を呼び掛けた。

 公演は、同市文化センター大ホールを舞台に総勢16人によるレビューショー。「たけふレビューOSKシンフォニー」として、華麗なダンスと歌を披露するオリジナルメニューとなっている。

 2人は同市商業・観光振興課の西野吉幸課長らと訪れ、熊野隆夫常務らと懇談した。フィナーレのラインダンスのほか、客席に下りて盛り上げる場面など見どころを紹介。「踊り出したくなる華やかなショー。何度でも来て、はまってほしい」とアピールした。平日の公演は午前11時と午後2時からの2回、土日祝日は午前10時、正午、午後2時からの3回(24日は終日休演)。

 たけふ菊人形は「菊花絵巻 井伊直虎」をテーマに11月5日まで同市武生中央公園で開かれる。会場入場は無料。菊人形館は500円で、OSK観劇は菊人形館の入場券付き2千円(ともに中学生以下は無料)。1日券やシーズン券もある。問い合わせは同課=電話0778(21)0175。

鯖江・武生・越前海岸 ニュース