イチゴ狩りを楽しむ親子連れ=21日、長岡市鉢伏町の長岡東山ふるさと体験農園

イチゴ狩りを楽しむ親子連れ=21日、長岡市鉢伏町の長岡東山ふるさと体験農園

新潟県 長岡・寺泊・柏崎 アウトドア・レジャー 特産

真っ赤な大粒たっぷりと 長岡・東山農園でイチゴ狩り

新潟日報(2018年1月25日)

 赤く熟した新潟県のブランドイチゴ「越後姫」の摘み取り体験が、長岡市鉢伏町の長岡東山ふるさと体験農園で開かれている。イチゴの甘い味を求め、多くの人が訪れている。

 同園は約2千平方メートルの敷地内に4棟のハウスを構え、越後姫を栽培している。代表の大勝圭司さん(40)は「今年は例年よりイチゴが大粒で、量も多く実っている。たくさんの人に楽しんでもらえると思う」とPRする。

 ハウスの中は、イチゴが真っ赤に色づいた大粒の実を付けている。家族4人で訪れた小学1年の女子児童(6)は「大きいイチゴがいっぱいあって楽しかった。早く食べたい」と笑顔だった。

 入園料は大人200円、小学生以下100円。摘み取ったイチゴは量り売りする(100グラム200円が目安)。5月末まで営業。午前10時~午後3時。月曜定休。問い合わせは、090(3638)4765。

長岡・寺泊・柏崎 ニュース