水道タンクのそばを約300匹のこいのぼりが悠々と泳ぐ=30日、長岡市水道町3

水道タンクのそばを約300匹のこいのぼりが悠々と泳ぐ=30日、長岡市水道町3

新潟県 長岡・寺泊・柏崎 祭り・催し

こいのぼりタンク彩る 長岡

新潟日報(2018年5月1日)

 約300匹のこいのぼりを飾る「子どもフェスティバル」が4月30日、長岡市水道町3の水道公園で始まった。園内にある国登録有形文化財「水道タンク」のそばで、さまざまな色のこいのぼりが風にはためき、子どもたちは大喜びだった。

 公園の管理などを行う市民グループ「水道タンク友の会」が大型連休中に開いている。こいのぼりは、市民から譲り受けたものや、中越地震後に全国から寄せられたものを飾っている。

 イベント初日は晴れ間が広がり、多くの家族連れでにぎわった。子どもたちは手の届く高さで泳ぐこいのぼりの下を駆け回ったり、全長8メートルのこいのぼりを見上げて歓声を上げたりしていた。

 豊田小3年の女子児童(8)は「ピンク色のこいのぼりがかわいい。こいのぼりのうろこの模様がいろいろでおもしろい」とうれしそうだった。

 イベントは6日まで。今年は10回目を記念し、2、3の両日午前11時~午後2時、ミニSLの運行を行う。

長岡・寺泊・柏崎 ニュース