さまざまな表情の人形が並ぶひな人形展=新潟市西蒲区

さまざまな表情の人形が並ぶひな人形展=新潟市西蒲区

新潟県 新潟・岩室 祭り・催し 温泉

岩室温泉「アートサイト」 学ぶ・楽しむ 和の空間

新潟日報(2015年3月12日)


 新潟市西蒲区岩室温泉の旅館を舞台に、武蔵野美術大学(東京)の学生が手掛けた作品を楽しむ芸術祭「アートサイト」が15日まで開かれている。彫刻や絵画など工夫を凝らした約50作品が旅館10軒の和の空間に並ぶ。同大教員による美大生体験講義や、ひな人形展などの催しもにぎわっている。

◎売り場は「デザイン」 武蔵野美大教授 店舗演出法を講義

 武蔵野美術大学の教員が講義する「TERAKOYA1日ムサビ生」が9日、岩室温泉の旅館で開かれ、住民ら約20人が美大生の気分を味わった。
 
 同大の楫(かじ)義明主任教授が「元気な店舗になる方法」と題して、物が売れる店頭の演出方法などについて説明した。
 
 楫教授は売るためには売り場のデザインが重要と強調し「店のコンセプトを伝え、入ってもらう努力をすることが必要」と解説した。店の色使いや関連商品を一緒に並べる陳列などの工夫が、売り場で購入を決める要因になるとした。
 
 岩室温泉で菓子店を営む武藤真由美さん(44)は「気になる店を作る話が参考になった。店に戻って取り入れられることを考えたい」と話した。
 
 14日に岩室温泉とアートについて語る催し、15日に親子で段ボールのカメラを作る教室が岩室公会堂で開かれる。いずれも事前申し込みが必要で、参加費500円。申し込みは岩室温泉観光協会、0256(82)5715。

◎ひな人形がお出迎え 美大所蔵品など旧置き屋に展示

 岩室温泉のアトリエギャラリー無匠庵では、江戸時代などに作られたひな人形展が開かれている。趣ある日本家屋の雰囲気に合わせ、ひな人形約10セットが並んでいる。
 
 NPO法人いわむろやが初めて企画し、地元住民や武蔵野美術大学から人形を借りた。床の間や客間などに、江戸時代に作られた人形や、土で作られた人形、つるしびな、輪島塗の人形などが並んでいる。
 
 会場は築約100年の日本家屋で、昭和初期、岩室芸妓(げいぎ)が待機する置き屋として使われた。
 
 東区の会社員筒井代志子さん(51)は「バラエティーに富んだ人形が並んで面白い。建物にも感動した」と話した。
 
 15日までの午前10時~午後4時。無料。

新潟・岩室 ニュース

新潟・岩室
イベント

新潟・岩室
スポット