各店が自慢の一品を紹介した「お宝自慢コンテスト」=21日、新潟市中央区

各店が自慢の一品を紹介した「お宝自慢コンテスト」=21日、新潟市中央区

新潟県 新潟・岩室 祭り・催し

新潟・古町誕生祭開幕 老舗の逸品大集合 600万円の着物も出品

新潟日報(2015年3月23日)

 新潟市中央区古町地区が歩んだ360年の歴史を振り返るイベント「古町誕生祭」が21日、開幕した。初日は古町の老舗が秘蔵品を持ち寄る「お宝自慢コンテスト」が開催され、高級着物や秘伝のタレなど知られざるまちの魅力に会場は沸いた。

 誕生祭は、古町を含む新潟町(当時)が現在地に移転した1655年を誕生年として、新潟中心商店街協同組合が2013年から毎年開いている。50店舗以上が特別セールなどを行う。

 古町7のステージで行われたコンテストでは、呉服店「きものゝ館 赤羽」が著名な染色家が施した立体感のある染めが特徴的な黒留め袖を披露。1着600万円と値段が紹介されると、見学者から驚きの声が上がった。店主は「お店に実物を見に来てください」とアピールした。

 このほか、とんかつ店は秘伝のタレ、文具店は終戦当時の万年筆などを紹介。スナック経営の女性は「看板娘」として登壇し、会場を盛り上げた。

 コンテストを見ていた新潟市秋葉区のパート石井弘子さん(59)は「知らない商品ばかりで、古町にはまだまだ行ったことのないお店があるんだと思った。興味が湧きますね」と話していた。31日まで。

新潟・岩室 ニュース

新潟・岩室
イベント

新潟・岩室
スポット