新潟県 上越・妙高・糸魚川 花・紅葉

妙高 耕作放棄地夏色に

新潟日報(2015年8月25日)

 高原の夏を彩る「ひまわりまつり」が23日、関山の都市農村交流施設「ハートランド妙高」で開かれた。新潟県内外の観光客が満開に咲く花を楽しんだ。

 施設周辺の大洞原地区では2010年から企業や行政の支援を受け、耕作放棄地の再生に取り組んでいる。ヒマワリ以外にも菜の花やソバを植え季節ごとにイベントを開催、観光客との交流を深めている。

 約1ヘクタールの花畑には小道が作られ、散策しやすいようにした。子どもたちは背丈ほどのヒマワリに囲まれて笑顔を見せ、親たちは盛んにシャッターを切った。

 さいたま市から親子4人で来た会社員謝建明さん(41)は「とてもきれい。休耕地の活用策として非常にいいアイデアですね」と感心していた。

 花は8月いっぱい楽しめるという。

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット