しろね大凧と歴史の館に展示されている「自転車凧」=新潟市南区

しろね大凧と歴史の館に展示されている「自転車凧」=新潟市南区

新潟県 新潟・岩室 その他

南区・大凧と歴史の館 仰天!天駆ける自転車 風受け車輪回転

新潟日報(2015年10月9日)

 さまざまな凧を展示する新潟市南区のしろね大凧と歴史の館に、創作凧「自転車凧」がお目見えした。同館は「珍しい凧なので、ぜひ見に来てほしい」と話している。

 自転車凧は全長が1メートルほど。自転車に人が乗っているユニークな形をしているが、実際に揚げることができる。風を受けると自転車の車輪が回転し、乗る人がペダルをこいでいるように見える。

 9月下旬に近藤裕紀夫館長が福島県で行われた凧揚げ大会を訪れた際、製作者の新潟鳥凧の会関東支部長、井上義男さん(74)=さいたま市=と知り合い、譲り受けた。

 近藤館長は「空に舞う姿を見て感動した。発想が面白く、凧好きにとっても珍しい凧。一目見る価値はある」と太鼓判を押す。井上さんは「この凧を見て驚いてもらえれば本望。多くの人が凧に興味を持つきっかけになればうれしい」と話した。

 今のところは展示だけで揚げる予定はない。入場料は大人400円、小中高校生200円(土日祝は小中生無料)。第2、4水曜休み。問い合わせは同館、025(372)0314。

新潟・岩室 ニュース

新潟・岩室
イベント

新潟・岩室
スポット