勝山うまいもん祭のポスター

勝山うまいもん祭のポスター

福井県 勝山・大野 祭り・催し グルメ

奥越の秋味わおう 24、25日 九頭竜紅葉まつり (大野) うまいもん祭 (勝山)

福井新聞(2015年10月21日)

 食欲の秋、奥越で満喫しよう―。24、25の両日、大野市角野の九頭竜国民休養地で「第36回九頭竜紅葉まつり」、勝山市片瀬の越前大仏門前町で「2015勝山うまいもん祭」(ともに福井新聞社共催)が開かれる。サトイモやマイタケ、マツタケなど旬の食材を味わえるほか、多彩な体験が楽しめる。

 九頭竜紅葉まつりの「紅葉市場」には、物販や飲食のテントが立ち並ぶ。サトイモや穴馬かぶら、マイタケなど大野の旬の味覚や、地酒などを販売。手打ちそばやイワナの塩焼き、焼きコーンといった食も楽しめる。愛知県岩倉市や岐阜県郡上市など、県内外の8市町からの出店もある。
 今回は、昨年11月に開かれた穴馬かぶらを使った料理コンテストでの最優秀賞作「穴馬かぶおにぎり」を数量限定で販売する。またサトイモやマイタケ、シシ肉などが入った大鍋を、両日とも約600食振る舞う。
 化石発掘やトロッコ列車乗車、流木を使った工作など、さまざまな体験ができる。ステージでは和太鼓や踊りなどが繰り広げられ、祭りを盛り上げる。
 両日とも午前9時~午後4時。JR九頭竜湖駅と会場を結ぶ無料シャトルバスを運行する。問い合わせは九頭竜まつり実行委員会(市和泉支所内)=電話0779(78)2111。

 勝山うまいもん祭は市内を中心に30団体が出店する。イワナ、アユ、アマゴの塩焼きや、おろしそばなど地元食材がめじろ押し。旬のマツタケご飯や、ジェラートなどのスイーツといった豊富なメニューを取りそろえている。
 恒例の「観光PRわなげ」(100円で3投)では、市内の事業者の的へ輪投げが成功すると、その業者から提供された景品が当たる。ペア宿泊券などが用意されている。
 24日は太鼓、吟舞、ダンスのアトラクションやバルーンアートの実演がある。25日は太鼓やヨサコイが披露される。両日とも乗馬体験(1回500円)やセグウェイの乗車体験(15分で千円)ができる。
 両日とも午前10時~午後4時。越前大仏の拝観は無料。えちぜん鉄道での来場者には勝山駅で300円の金券をプレゼントする(各日先着150人)。問い合わせは勝山市観光協会=電話0779(87)1245。

勝山・大野 ニュース

勝山・大野
イベント

勝山・大野
スポット