雪が降りしきる中、リフトからスキー客を下ろす訓練をする参加者=17日、上越市安塚区須川

雪が降りしきる中、リフトからスキー客を下ろす訓練をする参加者=17日、上越市安塚区須川

新潟県 上越・妙高・糸魚川 アウトドア・レジャー

安全なスキー場に 消防署員ら救出訓練 安塚・キューピットバレイ

新潟日報(2015年12月18日)

 上越市安塚区須川のキューピットバレイスキー場では、リフトからスキー客を救出する訓練が行われた。従業員や消防署員ら約40人が参加し、救出までの一連の手順を確認した。

 リフトが故障して、乗っていたスキー客が取り残されたとの想定で訓練開始。3人一組となった従業員らが専用の救助ポールで地上約9メートルの高さで宙づりになったスキー客に救助ベルトを渡すと、ポールにつながったロープを使ってスキー客をつり下げる形でゆっくり下ろしていった。

 救助者はスキー客が不安にならないように「大丈夫ですか」などと繰り返し声を掛けていた。

 キューピットバレイスキー場は19日オープン予定。現在の積雪は30~40センチで、同スキー場の若井由和課長(38)は「このまま降雪があれば、19日に間に合いそう。声掛けを徹底してお客さんの安全確保に努めたい」と話した。

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット