加茂川の川風に揺られ、悠然と泳ぐこいのぼり=19日、加茂市

加茂川の川風に揺られ、悠然と泳ぐこいのぼり=19日、加茂市

新潟県 燕・三条・弥彦 その他

大群悠々風受けて こいのぼりが500匹 加茂・加茂川

新潟日報(2016年4月20日)

 加茂市中心部を流れる加茂川で、約500匹のこいのぼりの大群がはためいている。青空がのぞいた19日は、河川敷を散歩する親子や保育園児たちが、風を受けて泳ぐこいのぼりに見入っていた。

 地域住民有志が1990年以降、不要になったこいのぼりを集めるなどして、毎年この時期に飾っている。ことしも加茂川に架かる西宮橋と葵橋間の両岸にワイヤを通して取り付けた。

 黒や赤、青など色とりどりのこいのぼりを前に、手を伸ばして捕まえようとする子どもや、カメラを向けて撮影する人たちの姿が見られた。

 1歳の娘と訪れた加茂市の女性看護師(32)は「娘はこいのぼりを指さしてニコニコしていた。風があると、こいのぼりがなびいていいですね」と話した。

 5月11日まで。

燕・三条・弥彦 ニュース

燕・三条・弥彦
イベント

燕・三条・弥彦
スポット