四つ手網を使ったざざ虫漁に挑戦する子どもたち=13日、駒ケ根市の天竜川

四つ手網を使ったざざ虫漁に挑戦する子どもたち=13日、駒ケ根市の天竜川

長野県 伊那路 グルメ その他

伝統の漁、児童こわごわ 駒ケ根の天竜川でざざ虫捕り挑戦

信濃毎日新聞(2017年2月14日)

 駒ケ根市中沢小学校の5年生全12人が13日、学校近くの天竜川で、伊那谷の冬の風物詩、ざざ虫漁に挑戦した。長年漁を続けている菅沼重真(しげま)さん(81)=駒ケ根市中沢=ら同小の「応援隊」メンバーに教わりながら、川石の裏に張り付いたトビゲラやカワゲラなどを箸でつまんで瓶いっぱいに集めた。

 子どもたちは、うねうねと動く虫を見て「きゃー、気持ち悪い!」と叫び、こわごわと漁を開始。それでも次第に慣れて楽しそうに石を探していた。伝統の四つ手網を使った漁に挑戦した児童は、水の中に入って力いっぱいくわを振るい、川石を動かした。この日は水量が少なかったこともあってざざ虫を集めやすく、「孫太郎」と呼ばれるヘビトンボの幼虫なども取れた。

 集めた虫は菅沼さんらに調理法を教わって食べるという。菅沼さんは「子どもたちを相手に自分も楽しめた。将来、ざざ虫漁をやってくれる子が出ればうれしい」と期待していた。

伊那路 ニュース

伊那路
イベント

伊那路
スポット