1キロ以上にわたって続く巨大な雪庇=13日、守門岳山頂付近

1キロ以上にわたって続く巨大な雪庇=13日、守門岳山頂付近

新潟県 燕・三条・弥彦 長岡・寺泊・柏崎 越後湯沢・魚沼・奥只見 アウトドア・レジャー

山も丸のみ?巨大な波 守門岳、全長1キロ超の雪庇

新潟日報(2017年3月14日)

 魚沼、長岡、三条の3市にまたがる守門岳(1537メートル)に、ことしも"東洋一"とうたわれる巨大な雪庇(せっぴ)が現れた。冬の間の強風によって雪が崖からせり出した雪庇は、長さ1キロ以上にわたって続く。13日も愛好家が訪れ、自然がつくり出した造形を写真に収めていた。

 大雪庇ツアーを行うとちおファミリースキー場(長岡市)のスタッフも下見に訪れた。鈴木由和さん(37)は「暖冬だった昨年と違い、雪庇が美しい波を描いている」と話した。

 同スキー場では、26日、4月2日のツアーの参加者を募集している。申し込みは同スキー場、0258(53)2390。

燕・三条・弥彦 ニュース