新潟県 上越・妙高・糸魚川 アウトドア・レジャー

ロッテアライリゾート(妙高) 12月開業正式発表

新潟日報(2017年5月19日)

 韓国のホテル大手「ホテルロッテ」の100%子会社「ホテルアンドリゾート上越妙高」(妙高市)は18日、旧新井リゾートのリニューアル施設「ロッテアライリゾート」(同)を12月に開業すると正式に発表した。現在改修工事を進めており、自然の地形を生かしたスキー場やレジャー施設、温泉を整備する。ホテルロッテは海外のネットワークを生かし、世界各地から通年で誘客を図る。

 ホテルは257室で収容人数530人。レストランやプール、エステなどを備える。温泉も新たに掘削し、長期滞在にも対応する。

 大毛無山(1429メートル)の自然地形を生かしたスキー場は高低差951メートル、最長滑走距離5・2キロ。11コース、リフト5基を備える。旧新井リゾートのコースを再整備し、上中級者が楽しめるほか、初心者向けゲレンデも拡充する。

 山の自然を生かしたレジャー施設では、木の間に張ったワイヤを滑車で滑り降りる国内最大級のジップラインやボルダリング施設などを設ける。

 ビジネス客向けにセミナールームも備え、通年での誘客に力を入れる。

 上越、妙高地域などから約100人を正社員とするほか、冬場には期間スタッフとして約200人を雇用する予定だ。

 ホテルアンドリゾート上越妙高は「世界で培ったノウハウと地元との連携で、国際リゾート地を造りたい」としている。

 ホテルアンドリゾート上越妙高は、営業停止で公売にかけられた旧新井リゾートを2015年に18億円で落札し、その後、改修工事に着手していた。

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット