新潟県 燕・三条・弥彦 祭り・催し

燕の金属製品変遷一目で グッドデザイン賞展 6日から

新潟日報(2018年1月9日)

 燕市産業史料館の企画展「グッドデザイン賞~燕編~」が6日から始まるのを前に、展示作業が5日に行われた。市内の企業が半世紀の間に受賞した金属製品約40点が並び、機能美や時代の変遷が分かる展示となっている。

 グッドデザイン賞は1957(昭和32)年に旧通商産業省(現経済産業省)が創設した制度が母体となるデザインの推奨制度。県内では燕市の小林工業が66年に初受賞し、その後も多くの燕市の企業が受賞している。

 展示では、小林工業が手掛けた洋食器をはじめ、ポットや鍋、包丁、器物が飾られている。同種の製品を近くに展示しており、同館の桑原美花学芸員は「機能は同じでも形の違いがある。年代や作った企業ごとの違いを比較しても面白い」と話している。

 28日まで。9、15、22日は休館。300円(小中学生100円)。

燕・三条・弥彦 ニュース