高校受験突破を願い「謙信勝負飯」を食べる生徒ら=8日、上越市吉川区

高校受験突破を願い「謙信勝負飯」を食べる生徒ら=8日、上越市吉川区

新潟県 上越・妙高・糸魚川 グルメ

謙信にあやかり合格つかむぞ 中3生が勝負飯 上越・吉川

新潟日報(2018年1月11日)

 上越市ゆかりの戦国武将上杉謙信にちなんだご当地グルメ「謙信勝負飯」を食べて受験突破を目指すイベントが8日、同市吉川区原之町の「割烹(かっぽう) 品和亭」で開かれた。吉川中学校の3年生13人が参加し、勝負飯を味わいながら志望校合格への思いを強くしていた。

 イベントは、合戦でほぼ負け知らずと伝えられる謙信の勝負強さにあやかり、受験に合格してもらおうと同店が毎年開いており、8回目。

 謙信勝負飯はご飯を湯漬けにして食べる戦国時代の食事をアレンジした料理で、市内7店で食べることができるという。上越産米を使う以外は店によって具材が異なり、品和亭では、ご飯に甘辛く味付けした鳥の唐揚げを載せ、食べている途中でカツオのだし汁を注ぐ形で提供している。使用した上越産コシヒカリは春日神社で合格の祈祷(きとう)を受けた。

 生徒は高校受験に向けて「エイエイオー」と勝ちどきを上げた後、勝負飯を頬張った。中には勉強で消費したスタミナを補うように、ご飯と唐揚げをおかわりする生徒も。男子生徒(15)は「勝負飯を食べたら受験に勝てる気がしてきた。自分に甘えず、最後まで頑張っていきたい」と力強く話した。

上越・妙高・糸魚川 ニュース