敦賀の魅力をクイズ形式で紹介する観光PR映像=30日、福井県敦賀市の敦賀赤レンガ倉庫

敦賀の魅力をクイズ形式で紹介する観光PR映像=30日、福井県敦賀市の敦賀赤レンガ倉庫

福井県 敦賀・若狭 祭り・催し

敦賀の魅力を映像に凝縮 赤レンガ倉庫で記念イベント

福井新聞(2018年2月1日)

 福井県敦賀市の敦賀赤レンガ倉庫が制作していた市の観光PR映像が完成し30日、同倉庫ジオラマ館で試写会を開いた。敦賀まつりや市立博物館など敦賀の見どころをクイズ形式で紹介する映像で、明治から昭和初期の港町を再現したジオラマとともに敦賀をたっぷりと楽しんでもらう。一般公開は2月1日から。

 赤レンガ倉庫は約2年半前にリニューアルオープン。ジオラマでは日本と欧州を結ぶ玄関口だった、にぎやかな敦賀の港町や鉄道が紹介されている。観光客は昨年12月末時点で累計24万人が訪れており、市の代表的な観光地となっている。さらに誘客を目指そうと企画した。

 映像には、粘土による造形物の形や位置を少しずつ変えて1コマずつ撮影し、動いているように見せるクレイアニメも使われている。横浜市の制作会社「アイトゥーン」の協力を得て昨夏から準備を進めてきた。

 「まったり敦賀浪漫」と題された映像は同館で流されているジオラマショー終了後に約5分間、1日計16回上映する。赤レンガ倉庫をモチーフにした2体のキャラクターが、市立博物館や気比神宮周辺、金崎宮などを飛び回りながら、敦賀の歴史やみどころを紹介する。クイズを交え、大人から子どもまで楽しめる内容。インバウンド対応として英語のテロップも表示されている。

 新ムービー上映記念イベントとして、同館は1~27日に映像内で出題されるクイズに全問正解するとオリジナルのグッズをプレゼントする。早田勇二施設長は「観光客に映像を見てもらい、市内各地を訪ねてほしい。敦賀の良い所をこれまで以上に発信したい」と話している。

敦賀・若狭 ニュース

敦賀・若狭
イベント

敦賀・若狭
スポット