さまざまな桜を見て楽しむ来場者=10日、阿賀野市

さまざまな桜を見て楽しむ来場者=10日、阿賀野市

新潟県 新発田・月岡・阿賀野 花・紅葉 祭り・催し

冬桜気分晴れ晴れ 恒例の花イベント 阿賀野

新潟日報(2018年2月13日)

 阿賀野市のサントピアワールド内にある安田フラワーガーデンで10日、恒例の花イベントが始まった。ことしは「越後花絵巻2018inサントピアワールド 冬桜」と題し、同市でだけ栽培されている「結桜(ゆいざくら)」など、8種類の桜が展示されている。初日から家族連れやカメラマンらが訪れ、一足早い春を楽しんでいた。

 道の駅庭園の郷保内(三条市)とサントピアワールドが主催。

 夜桜をイメージしてライトアップされていたり、三条市の金属加工職人の手によって装飾が施されていたりと、展示方法に工夫がされている。訪れた人は「かわいい」「きれい」などと話しながら観賞していた。

 胎内市の会社員の女性(38)は「ことし初めての桜を見て感動した。早く外でも満開の桜を見たい」と話した。また、全国から募集した「冬の寄せ植え&ハンギングバスケットコンテスト」も開催されており、約60点の作品を見ることができる。

 25日まで。午前10時~午後4時。入場料は中学生以上1200円。問い合わせはサントピアワールド、0250(68)3450。

新発田・月岡・阿賀野 ニュース