新潟県 新潟・岩室 アウトドア・レジャー グルメ

レストランバス 港町味わうコース新設 20日運行開始

新潟日報(2018年3月28日)

 新潟市内の観光地を巡り、旬の食材を味わえる「レストランバス」の運行が4月20日から始まる。市内での運行は3年目。新潟開港150周年に合わせ、港町の歴史を学びながら食事を堪能できるコースを新設した。

 レストランバスは高速バス事業などを手掛ける「ウィラー」(大阪)が開発した2階建てバス。市が借り受けて運行する。昨年は4~6月の3カ月間で67回運行し、約1200人が利用した。

 今年の運行は4月20日~6月30日までの約3カ月。主に金、土、日曜日に運行する。金曜に、酒蔵や市歴史博物館(中央区)などを回る「みなとまち堪能」コースを設定。土曜は、午前が北区の福島潟や農場を回る「米文化堪能」、午後は佐潟(西区)やワイナリー(西蒲区)を巡る「砂丘堪能」の各コースを運行する。日曜は毎週行き先を変え、市内のシェフが腕を振るうスペシャルコースとなる。

 料金は1万2960円~1万7280円。申し込みは4月1日から。問い合わせはJTB関東法人営業新潟支店、025(255)5101。

新潟・岩室 ニュース