ぼんぼりの明かりがともされ、夜桜見物の市民らでにぎわう高田公園=4月2日午後8時すぎ、上越市

ぼんぼりの明かりがともされ、夜桜見物の市民らでにぎわう高田公園=4月2日午後8時すぎ、上越市

新潟県 上越・妙高・糸魚川 花・紅葉

高田の夜桜心も照らす 上越

新潟日報(2018年4月3日)

 「日本三大夜桜」の一つに数えられる上越市高田公園の夜桜のライトアップが4月2日、始まった。訪れた人は、ぼんぼりに照らされた夜桜や、高田城の三重櫓(やぐら)とのコントラストを楽しんでいた。

 ライトアップは例年、「高田城百万人観桜会」開幕に合わせて始まる。しかし、ことしは3月に入って暖かい日が続き、4月2日には三分咲きとなっていることから、4月6日の開幕日を前に開始した。

 高田公園には夜桜を楽しもうと、点灯前からカメラを持った家族連れらでにぎわった。三重櫓を撮った同市西本町1の会社員男性(71)は「ぼんぼりの明かりに照らされた桜は艶っぽく、情緒が感じられる。穏やかな気持ちになりますね」と話していた。観桜会は4月6~22日。桜並木のさくらロードは4月6日からライトアップする。

上越・妙高・糸魚川 ニュース