アヒルのガーコとクッキー=新潟市西蒲区

アヒルのガーコとクッキー=新潟市西蒲区

新潟県 新潟・岩室 スイーツ

いわむろやで飼育 アヒル絵柄クッキー販売 新潟・西蒲区

新潟日報(2018年4月12日)

 新潟市西蒲区岩室温泉の観光施設「いわむろや」が、飼育するアヒル「ガーコ」をかたどったクッキーの販売を始めた。開設8周年を記念し、お土産として施設内の売店に並ぶ。

 ガーコは、5年前に農作業のため飼い始めたオスのアヒル。現在はロビーから見える屋外で飼育され、写真撮影に応えるなど観光客の人気者として親しまれている。

 1日に発売したクッキーは約5センチで、クリーム状の砂糖を絞る「アイシング」で絵柄を描いた。着色料を使わず、カボチャなどで足やくちばしの黄色を出した。1個210円(税込み)で販売する。

 上越市のカフェ「イロハニ堂」が製作。2016年に同施設のイベントに出店した際にガーコのクッキーを販売し、好評だったため、通常時の販売を決めた。

 イロハニ堂の坂野裕美さん(34)は「遠方から来た人にも岩室の思い出にしてもらいたい」と話している。

新潟・岩室 ニュース