春日山城跡で見頃を迎えたカキツバタ=11日、上越市

春日山城跡で見頃を迎えたカキツバタ=11日、上越市

新潟県 上越・妙高・糸魚川 花・紅葉

紫や白水辺彩る カキツバタ上越で見頃

新潟日報(2018年5月14日)

 上越市の春日山城跡で、カキツバタが見頃を迎えている。史跡広場の「監物(けんもつ)堀」などで、紫や白の花が水辺に咲き誇り、散歩中の市民らが愛らしい姿を楽しんでいる。

 市文化行政課によると、広場はかつて休耕田だったが、1993年に整備を開始し、95年ごろにカキツバタを植栽したという。現在は大手道の入り口付近を含めた計350メートルほどで咲き誇っている。

 好天に恵まれた11日は、家族連れや写真愛好家ら多くの人が訪れ、日の光にきらめく水面とともに一面の花々をカメラに収めていた。

 上越市の自営業女性(64)は「毎年楽しみにしています。鮮やかな色の花を見ると、心が和みます」と話した。見頃は20日ごろまで。

上越・妙高・糸魚川 ニュース