希望者に貸し出しを始めた電動アシスト付き自転車

希望者に貸し出しを始めた電動アシスト付き自転車

長野県 伊那路 アウトドア・レジャー

電動自転車で観光アシスト 茅野駅で貸し出し開始

信濃毎日新聞(2018年5月23日)

 茅野市のちの観光まちづくり推進機構は、観光客の市内周遊を促すためにJR茅野駅で電動アシスト付き自転車の貸し出しを始めた。成人男性用5台と、女性や子ども用2台の計7台を駅ビル・モンエイトに配置。ビル内の市観光案内所で利用申し込みを受け付けている。

 同機構によると、市内には諏訪大社上社前宮(宮川)などの観光スポットがあるが、タクシーで直行する観光客が多い。自転車でぶらぶらしながら、途中の店舗にも立ち寄ってもらおうと企画した。収益事業の一つと位置付けている。

 料金は1台につき2時間千円。現在は土日祝日の午前8時半〜午後3時に貸し出しており、7月からは平日も利用できる。まだPRに力を入れていないが、近く機構職員らによるサイクリングガイドツアーを始めたり、サイクリングマップを作ったりする方針だ。

 機構の高砂樹史専務は「レンタサイクルで観光客の滞在時間を増やしたい」としている。

伊那路 ニュース