見頃を迎えている二宮家のバラ園=25日、聖籠町蓮野

見頃を迎えている二宮家のバラ園=25日、聖籠町蓮野

新潟県 新発田・月岡・阿賀野 花・紅葉

匂い立つ大輪華やか 聖籠・二宮家 バラ園が見頃

新潟日報(2018年5月28日)

 聖籠町蓮野の旧庄屋、二宮家のバラ園が見頃を迎えている。初夏の陽気となった25日は、多くの見学者が訪れ、色鮮やかな姿を写真に撮ったり、園内に充満した香りを楽しんだりしていた。

 二宮家のバラ園は、二宮葉子さん(77)が約20年前から本格的に整備し始め、約1千平方メートルの敷地に約250種、400株以上のバラが咲く。ことしは入り口付近の小道周辺などを整備し、見応えのある部分が増えたという。

 バラは現在7分咲きで、6月上旬に満開を迎える見込み。ほかにシャクヤク、クレマチス、オルレアなどの花が咲き誇り、目を引いている。夫婦で訪れた新潟市東区の会社員男性(68)は「毎年来ているが、レイアウトを変えていて飽きない。いろいろな花の組み合わせがきれい」と話し、カメラのレンズを向けていた。

 公開は6月17日まで。午前10時~午後4時。維持協力費500円。隣接する日本庭園も見学できる。問い合わせは二宮さん、0254(27)2002。

新発田・月岡・阿賀野 ニュース