福井県 敦賀・若狭 その他

「夏の敦賀へ」旅心誘う 観光協 ポスター制作

福井新聞(2018年6月4日)

 福井県敦賀観光協会はこのほど、白砂(しゃ)青松のコントラストと、透き通った海が美しい「気比の松原」の写真をメインに据えた本年度の夏の観光ポスターを制作した。海水浴シーズンを前に県内外の観光施設などに掲示し、敦賀への来訪を呼び掛ける。

 観光客が最も増える夏を前に毎年制作しており、会員企業が制作した6作品の中から一般投票でデザインを決めた。投票は観光意識調査を兼ねて例年県外で行っており、今回は長野市の長野電鉄長野駅で2月、駅利用者を対象に実施した。

 選ばれたデザインは、484票のうち133票を獲得。爽やかな風景写真に、松原に掛けた「なつ まつ つるが」のキャッチコピーが添えられている。投票者からは「フレーズにインパクトがある」「きれいな海の写真に引かれた」などの声が寄せられたという。

 B1判600枚、B2判250枚、A4判500枚を作り、市内飲食店や県外の観光施設などに順次掲示する。同協会担当者は「気比神宮などの市内観光と合わせて、15カ所の海水浴場に足を運んでほしい」と話している。

敦賀・若狭 ニュース