新たに設けられたミニ展望台「チューリップバルコニー」

新たに設けられたミニ展望台「チューリップバルコニー」

富山県 砺波・南砺・五箇山 花・紅葉

砺波チューリップフェア会場に新展望台

北日本新聞(2015年4月17日)

 23日に開幕するとなみチューリップフェアに向け、砺波市花と緑と文化の財団は、メーン会場の砺波チューリップ公園で、目玉となる大花壇を眺めるミニ展望台「チューリップバルコニー」を新たに設けた。石などを配置した丘「ロックガーデン」には階段を設置。眺めが人気となっているチューリップタワーの混雑がフェアでは課題となっており、眺望できる場所を増やし混雑緩和につなげる。16日は大花壇などに設置されていた遮光ネットの撤去も行った。

 木製のチューリップバルコニーは高さ約2メートルで2基設置。1基に8人程度が一度に登ることができる。ロックガーデンも高さ約2メートルで、公園の雰囲気に合うようにチューリップも並べる。

 チューリップバルコニーとロックガーデン、チューリップタワーのほか、同市文化会館屋上の「チューリップパノラマテラス」と市美術館展望台でもフェア会場を眺めることができる。


■遮光ネット撤去
 遮光ネットは、花の急激な生育を抑え、フェア期間中に見頃を迎えるように3月下旬に設置されていた。この日は市内の造園業者が、大花壇を覆っていたネット約4500平方メートルを撤去した。

 同財団によると、4月下旬に満開を迎える見込み。フェアは5月6日まで開かれる。

砺波・南砺・五箇山 ニュース

砺波・南砺・五箇山
イベント

砺波・南砺・五箇山
スポット