「田」にちなんだ和歌を短冊にしたためる歌人=富山市婦中町長沢の各願寺

「田」にちなんだ和歌を短冊にしたためる歌人=富山市婦中町長沢の各願寺

富山県 富山・八尾 祭り・催し

平安時代の歌遊びを堪能 ふちゅう曲水の宴

北日本新聞(2015年4月20日)

 平安時代の歌遊びを再現したイベント「ふちゅう曲水の宴」が19日、富山市婦中町長沢の各願寺で開かれた。雨天のため、本堂で行われたが、訪れた住民らはみやびやかな雰囲気を楽しんだ。北日本新聞社共催。

 「曲水の宴」は、小川を流れてくる杯が自分の前を通り過ぎるまでに和歌を詠む宮中行事。中国から伝わったとされ、各願寺では、平安時代と江戸時代にそれぞれ行われたという記録が残る。

 雅楽の演奏の中、歌人を務める住民ら7人が、平安貴族の衣装を着て入場。7人は歌題「田」にちなんだ和歌を短冊にしたためた。

 イベントに先立ち、地元園児らによるアトラクションや、公募した短歌の表彰、富山藩主が花見に訪れた様子を再現した「入山行列」も行われた。

 ふちゅう曲水の宴は、婦中地域の振興のため、地元住民でつくる実行委員会(山下義弘委員長)が1989年から毎年開催している。

富山・八尾 ニュース

富山・八尾
イベント

富山・八尾
スポット