高岡御車山会館がオープンし、山車を見ようと訪れた人でにぎわう館内=高岡市守山町

高岡御車山会館がオープンし、山車を見ようと訪れた人でにぎわう館内=高岡市守山町

富山県 高岡・氷見・射水 その他

高岡の宝を展示 御車山会館が開館

北日本新聞(2015年4月26日)

 国重要有形・無形民俗文化財「高岡御車山(みくるまやま)祭」の魅力を伝える「高岡御車山会館」が25日、高岡市守山町にオープンした。工芸技術の粋を集めた山車(やま)の実物を通年展示し、華やかな祭りの雰囲気を体感してもらう。高岡の日本遺産認定や北陸新幹線開業を追い風に、400年余りの歴史を誇る伝統文化を国内外に発信する。

 会館では、7基ある山車を4カ月交替で1基ずつ、高さ約10メートルのガラスケースに入れて展示。市内を練り回す際の巡行順で、最初は通町(とおりまち)の山車が入った。2017年度の完成を目指して制作中の「平成の御車山」も主要展示物の一つで、既に出来上がった鉾留(ほこどめ)や車輪など完成部分を順次披露し、制作過程を紹介する。

 金工や漆工などの装飾技術は写真パネルなどで解説。祭りの風情を伝える233インチスクリーンの高画質シアター、お囃子(はやし)の演奏ゲーム、からくり人形の操作体験コーナーなどを設けた。カフェや土産物販売店もある。

 初日は無料開放され、大勢の家族連れらが来館した。体験型展示を楽しみ、実物の山車をさまざまな角度からじっくりと鑑賞した。

 オープン前には竣(しゅん)工(こう)式があり、高橋高岡市長が「御車山祭をはじめとする高岡の文化遺産を学び、知り、伝える場所として活用したい」とあいさつ。寺林副知事、橘慶一郎衆院議員、酒井立志市議会議長が祝辞を述べた。宮崎甚一高岡御車山保存会長らが加わり、テープカットした後、関係者約100人が林昌男高岡御車山会館長らの案内で見学した。

 会館は高岡市が13年10月から建設。総事業費は約23億円で、展示棟とガイダンス棟、今秋完成予定の土蔵の3棟で構成する。開館時間は午前9時~午後5時。御車山祭が行われる5月1日と、前日の4月30日は午後9時まで延長する。観覧料は一般300円、中学生以下無料。火曜休館

高岡・氷見・射水 ニュース

高岡・氷見・射水
イベント

高岡・氷見・射水
スポット