富山空港展望デッキから眺める北日本新聞納涼花火のイメージ

富山空港展望デッキから眺める北日本新聞納涼花火のイメージ

富山県 富山・八尾 祭り・催し その他

富山空港で8月1日に「空コン」 花火眺め出会いを

北日本新聞(2015年7月28日)

 特等席で花火を眺め、すてきな出会いを-。富山空港の展望デッキで8月1日夜、北日本新聞納涼花火富山会場を楽しみながら独身の男女が交流を深めるイベント「空(そら)コンin富山きときと空港」が開かれる。全国でも珍しい企画で、北陸新幹線の開業以降、利用が落ち込んでいる空港の活性化と婚活支援の"一石二鳥"を目指す。

 空港1階で回転すし店「廻転(かいてん) とやま鮨(すし)」を経営する「富山きときと企画」(大坪悟社長)が主催し、20歳以上の男女各25人を募集。ドリンクとオードブルを用意し、約3千発の光のショーを鑑賞しながら、食事を楽しむロマンチックなひとときを演出する。

 富山大のジャズ研究会による生演奏や、男女の距離を近づけるゲームも予定しており、ムードを盛り上げる。

 イベントに引き続き、お盆期間中の13~16日には展望デッキを開放して「空港ビアガーデン」を開催する。帰省客や観光客に立ち寄ってもらい、空港を拠点とした新たなにぎわいを創出する。

 企画した大坪社長は「空港は富山県にとって無くてはならない施設。これまでにないイベントで空の便の搭乗率アップに貢献したい」と話す。

 「空コン」は午後6時から。飲み放題付きで参加費は男性6千円、女性4千円。甚平・浴衣着用の人は500円がキャッシュバックされる。参加申し込みは7月29日までで、募集人数に達し次第締め切る。申し込み、問い合わせは「空コン」ホームページ、http://toyama-airport.com/

富山・八尾 ニュース

富山・八尾
イベント

富山・八尾
スポット