「富山もよう」のタペストリーが飾られた空中カフェの会場=クロスランドタワー

「富山もよう」のタペストリーが飾られた空中カフェの会場=クロスランドタワー

富山県 砺波・南砺・五箇山 スイーツ

本紙ラッピング紙面の図柄「富山もよう」壁掛けに

北日本新聞(2015年10月16日)

 クロスランドタワー(小矢部市鷲島)でオリジナルスイーツを味わう「空中カフェ2015」が16日に始まるのを前に、北日本新聞のラッピング紙面に印刷された「富山もよう」の図柄のタペストリーが15日、会場に飾られた。来場者に富山らしさを表現した豊かな色彩と地上100メートルからの眺望を楽しんでもらう。

 「富山もよう」はテキスタイル(布地)デザイナーの鈴木マサルさんが六つのテーマをデザイン化し、本紙ラッピング紙面に印刷された。日本新聞協会の第35回新聞広告賞の新聞社企画部門の本賞にも選ばれた。

 タペストリーは、県繊維協会加盟のケーシーアイ・ワープニット(南砺市)が生地を製造、第一編物(砺波市)がプリント加工し、ミヤモリ(小矢部市)が縫製を担当。今回は「立山連峰」「シロエビ」「ガラス工芸」「水」「五箇山合掌集落」の5種類8枚がタワー展望フロアに飾られた。北日本新聞小矢部西部販売店も協力した。

 カフェには過去最多の11の菓子店が参加。旬の味覚を使った秋らしいスイーツ14種類を販売する。11月1日まで(21日と28日は休み)。営業は午前10時~午後5時(ラストオーダー午後4時半)。スイーツ2品とドリンクが付き、当日券はタワー入場料込みで1200円。土日は2品のうち、1品が2種類の中から選べる。クロスランドおやべ、北日本新聞社主催。問い合わせはクロスランドおやべ、電話0766(68)0932。

砺波・南砺・五箇山 ニュース

砺波・南砺・五箇山
イベント

砺波・南砺・五箇山
スポット