リフトのいすと支柱が付いた搬器をワイヤに取り付ける作業員

リフトのいすと支柱が付いた搬器をワイヤに取り付ける作業員

富山県 富山・八尾 アウトドア・レジャー

スキー場開きへ準備着々 立山山麓でリフト取り付け

北日本新聞(2015年11月13日)

 富山市大山地域の立山山麓スキー場を運営する大山観光開発は12日、同市原(大山)の同スキー場極楽坂エリアで12月12日のオープンに向け、リフトの取り付け作業を行った。

 同エリアと、らいちょうバレーエリアに計9カ所あるリフトのうち、4人乗りの「第1クワッド」を整備した。作業員9人が、約7メートル間隔でワイヤにいすと支柱が付いた搬器(はんき)を82個取り付けた。今月末までに全リフトの作業を終え、重りを載せた試験を行う。

 同社は昨シーズンより約7千人多い18万人の来場を見込む。石田貞雄営業部長は「北陸新幹線の開業効果で多くの人に来場してもらいたい」と話している。

富山・八尾 ニュース

富山・八尾
イベント

富山・八尾
スポット