高岡の歴史と文化をアピールするタブロイド判小冊子

高岡の歴史と文化をアピールするタブロイド判小冊子

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し 特産

高岡の歴史と文化紹介 市日本遺産推進協が「瓦版」

北日本新聞(2016年2月3日)

 高岡市日本遺産推進協議会は、日本遺産に認定された「高岡の物語」を紹介するタブロイド判小冊子を1万5千部作成した。首都圏を中心に全国の美術館やギャラリー、カフェなど300カ所以上に配り、高岡の歴史と文化をアピールする。

 「TAKAOKA 高岡発瓦版:町民編」と名付け、カラー16ページ。国の重要有形・無形民俗文化財で、金工や漆工、染織などの技が施された絢爛(けんらん)豪華な山車(やま)が練り歩く高岡御車山(みくるまやま)祭や、国の重要伝統的建造物群保存地区・山町筋などを、写真やイラストを交えて紹介している。

 「高岡徒然(つれづれ)道中記」と銘打ったコーナーでは、1泊2日で周遊できるモデルコースをPR。高岡古城公園や国宝瑞龍寺、伏木北前船資料館、高岡大仏などを盛り込んだ。

 2月11日から銀座で開かれる「高岡のクラフト展」など、首都圏で開かれる高岡市関連のイベント会場でも配る。市内の公共施設でも配布する。3月には「職人編」を発行する。

高岡・氷見・射水 ニュース

高岡・氷見・射水
イベント

高岡・氷見・射水
スポット