高岡・氷見・射水 イベント

ドンと音を響かせてぶつかり合う山車=高岡市伏木湊町

ドンと音を響かせてぶつかり合う山車=高岡市伏木湊町

「けんか山」で知られる高岡市の無形民俗文化財「伏木曳山(ひきやま)祭」。毎年5月15日、同市伏木地区中心部で行われる。夜には提灯(ちょうちん)山車(やま)を激しくぶつけ合う祭りの目玉「かっちゃ」があり、町は熱気に包まれる。
 「かっちゃ」では、本町広場と法輪寺前の会場に、約360個の提灯をともした山車6本が「イヤサー、イヤサー」の掛け声とともに登場。向かい合った山車は、笛や太鼓の合図で一気に近付き、「ドン」と音を立てて激突すると、沿道の人たちから大きな歓声が上がる。
 日中は花傘を広げた花山車が曳(ひ)き回される。2016年に復元された十七軒町(じゅうしちけんちょう)を加えた7本の山車が港町をる。
 祭りは江戸時代後期から続く伏木神社の春の祭礼。


主催者の都合や天候等により、催しの予定が変更されることがあります。ご利用の際は、主催者等に必ずご確認ください。

詳細情報

期間
2019年5月15日
会場
高岡市伏木地区
住所
高岡市伏木地区
地図
Googleマップでルート検索
主催
伏木曳山祭実行委員会
リンク
伏木神社例大祭「けんかやま」 http://www.kenkayama.jp/
問い合わせ先
【電話】高岡市観光交流課 0766-20-1301

高岡・氷見・射水 イベント