新緑の中、約5900人が出場した軽井沢ハーフマラソン=22日午前9時、軽井沢町

新緑の中、約5900人が出場した軽井沢ハーフマラソン=22日午前9時、軽井沢町

長野県 軽井沢・佐久・小海線沿線 アウトドア・レジャー

新緑の高原、5900人駆けた 軽井沢ハーフマラソン

信濃毎日新聞(2016年5月23日)

 軽井沢ハーフマラソン2016(第31回ロードレースin軽井沢)は22日、北佐久郡軽井沢町の軽井沢プリンスホテルスキー場駐車場を発着点に行われ、過去最多の約5900人が全国各地から出場した。晴れ渡り気温が上昇する中、ランナーたちは沿道からの声援を受けながら緑豊かな高原のコースを走った。

 同町、軽井沢観光協会、若葉まつり実行委員会、信濃毎日新聞社が主催。軽井沢本通りや別荘地などを走るハーフマラソンの部(21・0975キロ)は、出場者5448人のうち4902人が完走。小学生と保護者のファミリーペアの部(2・1キロ)は全219組471人がゴールした。

 ハーフ男子は東御市の会社員小山祐太さん(31)が3年連続4回目の優勝を果たし、「周りの期待に応えられる走りができてよかった」。ハーフ女子は埼玉県の会社員丹野久美子さん(27)が初出場で優勝し、「沿道の応援に支えられた」と喜んでいた。

軽井沢・佐久・小海線沿線 ニュース

軽井沢・佐久・小海線沿線
イベント

軽井沢・佐久・小海線沿線
スポット